approach No.2 串尾一輝 ー 俳優のアプローチ

approach No.2 串尾一輝 ー 俳優のアプローチ 聞き手:渋革まろん 日  :2016年12月14日(水) 第二回は俳優・串尾一輝さんの登場です。 堀北真希と結婚する野望を抱き、明治大学の実験劇場、そして無隣館を経て現在は青年団に所属。稽古場で見る串尾さんは一体何を考えているのか計り知れない「穴」のようです。自分のことを「空洞なんです」と言う彼は、一体どのようにしてハチス企画の演劇に取り組んでいるのでしょうか? さらに24歳・男性の串尾さんが「老婆」役を演じる。さて、どうするつもりなのでしょう? いまだ結末の見えない「戦い」の軌跡を伺いました。 串尾一輝 2016.8.15 ≪吉原洋一『あさしぶ』より≫ ■ 全ては堀北真希からはじまった ―串尾さんが、演劇に関わるようになったきっかけを教えてください。 僕は広島で生まれ育ったんですけど。やっぱり地方だとまだまだ、特別関心でもない限り演劇に触れる機会ってほとんどないと思うんです。 僕もその一人で、テレビに出れない人が出てるのかなくらいの認識でした。 それで、演劇をはじめるきっかけは・・・・・・あんまり言うと怒られる人には怒られちゃうから人を選んで言ってるんですけど、堀北真希と結婚したかったからなんです。 ―堀北真希と・・・? 西日本で僕が一番好きだと思います。堀北真希。 それで、どうしても結婚したくて、堀北真希と結婚できる職業ないかなと思って、考えたのがテレビ局への就職。でもテレビ局だと堀北真希をご飯に誘って堀北真希が来てくれるっていうのは・・・・・・僕が偉いじゃないですか。対等じゃないなと思って。 ―そこまで想定

インタビュー連載 approach -アプローチ- 蜂巣もも②

震えるカラダ/演出のアプローチ ―先日、ちょうど稽古場ではベケットの『幸せな日々』のように老婆が布団の中に埋もれ、まるで布団も老婆の体の一部のように感じられる舞台装置が展開されていました。 老婆は串尾さんというどちらかと言うと筋肉質な男の人が白いワンピースを着て演じるのだけど、それがパンパンで、ネグリジェみたいになっている。ピンク色の布団と相まって、串尾さんが花のツボミのように、ジャングルの奥地に生息している食虫植物のようにも見えます。 その「花」のような串尾さんはどこかエロティックです。 そういう写真家がいますね。ロバート・メイプルソープという花ばかり接写で撮っているだけれど、すごくエロティックな。 ―こうした舞台装置はどういう意図で発案されたのですか? あれはたまたま発見したんです。稽古場にお布団があって。 もとはちょっとした塚の上に座っている絵面を想定していました。塚は墓なので、そういう古墳みたいなものの上に座っているのが良いと思っていた。それで他の俳優とのステータス関係も出せるかなと。そう思ってたんですが、稽古場にある布団を使ってみると大きなスカートのように見える。俳優が震えると布団も震える。 ただ実際それが本番で出来るかはわかりません。 わたしの場合、もとのアイデアの発想源はエロスからはじまっていないと思います。戯曲の人物がより見やすく、よりわかりやすくなるように、を考えている。あるいはそれは俳優にとってもわかりやすくなることだから。 それでやってみて一番いいなと思ったのがあの布団でした。 ―それを見て、どういう感じを持つんですか? 最初から老婆はずっと座っているとい

インタビュー連載 approach -アプローチ- 蜂巣もも①

演劇には立会人が必要なのかもしれない。 本番の舞台はもちろん、あるアイデアが作品として結晶するまでのプロセスにも、また立会人が必要なのかもしれない。 approach-アプローチ-と名付けるこの連載では、ハチス企画が現在取り組んでいる別役実『木に花咲く』が、一体どのようなアイデアや関心から生まれてくるのかを演出家・俳優・テクニカルスタッフへのインタビューを通じて明らかにしていきます。舞台が生まれるプロセスにどうぞ一時、お立ち会いください。 ******* No.1 蜂巣ももー演出家のアプローチ 聞き手:渋革まろん 第一回は演出家・蜂巣ももさんの登場です。 稽古場から伺える蜂巣さんの演出は、はじめに全体の設計図を用意して作られるような演劇の対極にあるように思えます。 なにか、見通せない漠然とした全体が予感されつつ、その部分部分をまさぐっていく、そうして得られた感触をなんとか言葉にして俳優に伝え、舞台装置や身体・言葉の制約を加え、蜂巣さんによってまさぐられた戯曲の感触が立ち上げられていく。 それは目をつむって演劇を見ている(触れている)ような、不思議な体感を呼び起こします。そして、舞台に置かれた俳優のカラダはどこかしらエロティックです。もちろん性欲的なという意味ではなく、エロス的な存在の位相と言いたくなる何かがある。こうした蜂巣さんの世界はどんな風に生まれてくるのか、お話を伺いました。 ハチス企画と演劇の必要性 ―蜂巣さんは、京都造形芸術大学の舞台芸術学科舞台芸術コースで演劇を学んだ後、京都での活動を経て、2013年に無鄰館に入り、現在はハチス企画を立ち上げて活動されています。 ハ

最新記事
アーカイブ
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2016 by Momo Hachisu Wix.com 

received_2609889229127531.jpeg
  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebook Black Round
  • Twitter Black Round