フェスティバル/トーキョー19連携プログラム

青年団若手自主企画vol.79 ハチス企画

”まさに世界の終わり

 

作  ジャン=リュック・ラガルス

翻訳:齋藤公一

​演出 蜂巣もも​(グループ・野原/青年団演出部)

 

出演:出演:根本江里(青年団) 海津忠(青年団) 串尾一輝(青年団/グループ・野原)

 西風生子(青年団) 原田つむぎ(東京デスロック)

2019年11月8日(金)-24日(日)@アトリエ春風舎

家族の政治、身体を問い直す。
長年家族のもとを離れていた長男ルイが自身の死を告げるために帰郷する。出迎える家族、ふいに始まる吐露の嵐、ルイはいつまで経っても死を告げることができない。
これは家族という世界の終末であり、革命/戦争を待望する場である。
永遠の安らぎを手に入れるための戦い。おびえる者も、無視して関与しない者も、全ては共犯者である。
ある者が声と息を震わせ弱者を演じれば、隣人に魅惑的な権力を持たせる。それがいつか、急ごしらえの権力者を心底苦しめるなら、この権力の頂点に立つ者が、本当に悪いのだろうか?
コラージュのように繋がったこの戯曲を「家族という他人は、友情を育むことが出来るのか」という問いに変換し、切り込みを当てたいと思う。

美術:渡邊織音(グループ・野原) 照明:吉本有輝子(真昼) 音響:カゲヤマ気象台 衣装:原田つむぎ(東京デスロック)
ドラマトゥルク:前原拓也 舞台監督:海津 忠(青年団) 宣伝美術:有佐祐樹 制作:飯塚なな子
総合プロデューサー:平田オリザ 技術協力:大池容子(アゴラ企画) 制作協力:木元太郎(アゴラ企画)
著作権代理:(株)フランス著作権事務所 ≪JUSTE LA FIN DU MONDE≫par Jean-Luc LAGARCE
ⒸEditions Les Solitaires Intempestifs

2019年11月8日(金)~24日(日)

8日(金) 19:30★
9日(土) 14:00★ 18:30★
10日(日) 13:00◎ 
11日(月) 19:30
12日(火) 19:30✩
13日(水) 14:00 
14日(木) 休演日
15日(金) 19:30
16日(土) 14:00/18:30✩
17日(日) 13:00◎ 
18日(月) 19:30
19日(火) 19:30✩
20日(水) 14:00 
21日(木) 休演日
22日(金) 19:30
23日(土) 14:00/18:30

24日(日) 13:00 

受付開始は開演の45分前、開場は開演の20分前。

【✩=終演後、アフタートーク開催いたします】

12日(火)19:30
三浦雨林さん(青年団、隣屋、鳥公園アソシエーションアーティスト)

16日(土)18:30
森山直人さん(演劇批評家、京都造形芸術大学舞台芸術学科教授)

19日(火)19:30
得地弘基さん(お布団)

 

前売・予約 3,300円 当日 3,500円

★前半割 ※8日(金)、9日(土)の回

前売・予約 2,800円 当日 3,000円

*日時指定・全席自由・整理番号付

*未就学児童はご入場頂けません。

 

◎=終演後、ワークショップを実施いたします

10日(日)13:00

舞台美術WS「ブリコラージュワールドワイドワークワールドカップ」

渡邊織音(グループ・野原/本作品美術家)

17日(日)13:00 演出家WS「明日から演出家になるための準備体操」

蜂巣もも

各回参加料500円、定員10名

参加希望の方はhachisu.kikaku@gmail.comまで、お名前、人数、ご連絡先をご連絡ください。

 

チケット発売日

2019年10月7日(月)

 

青年団 03-3469-9107 (12:00 - 20:00)

https://komaba-agora.com/ticketsell/ ※当日精算

F/Tチケットセンター 03-5961-5209(12:00~17:30)

https://www.festival-tokyo.jp/19/ticket.html ※事前精算

  

企画制作:ハチス企画/(有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場

主催:(有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場

助成:文化庁文化芸術振興費補助金 (劇場・音楽等機能強化推進事業)|独立行政法人日本芸術文化振興会


  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebook Black Round
  • Twitter Black Round

© 2016 by Momo Hachisu Wix.com