『ハッピーな日々』公演情報

2019年1月アトリエ春風舎にて、青年団内の若手自主企画として公演いたします。 今回扱うのはサミュエル・ベケットの『ハッピーな日々』。 翻訳は今年10月に出版されたばかりの新訳を使用します。ぜひ足をお運びください! 2019年1月18日[金] - 1月27日[日] 青年団若手自主企画vol.77 ハチス企画 ハッピーな日々 作:サミュエル・ベケット 翻訳:長島 確 演出:蜂巣もも この物語に登場するウィニーは、50歳くらいの女。隣にいるウィリーは60歳くらい。だまし絵のような焼けた荒野のなかで、彼女は一幕目腰まで地面に埋まり、二幕目は首まで埋まって、”ハッピーな日”を今日も始める。 20年後、私がウィニーの年齢になった未来を作ってみようと思う。漠然と年を取って、いつかは死ぬものだと思っていた。早く死にたいと思ったりもする。 でも、具体的に生きるとすれば。 素敵なお家に住みたい。一人じゃ嫌。穏やかだけど人生のいろはを掴む落ち着きよう。適度に痩せてて、シミはほとんどない。植物や動物を愛して、愛されていたい。 性は、金は、ファッションはどうするか。 この戯曲は未来を考えることを促す。こんなことは今まで演出だけをしてきて、初めてだ。 でもベケットの仕込む異化効果は考えるネタをいくらでも与えてくれる。 だから戸惑いながらも「未来」について良いも悪いもぶち込むので、見ていただく方々には如何様にでも笑っていただきたいと思う。 蜂巣もも 出演 岩井由紀子(青年団/グループ・野原) 亀山浩史(うさぎストライプ) スタッフ 美術・宣伝美術:渡邊織音(グループ・野原) 照明:伊

最新記事
アーカイブ
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2016 by Momo Hachisu Wix.com 

received_2609889229127531.jpeg
  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebook Black Round
  • Twitter Black Round