稽古場を観劇する/第三回目10月23日(日)

​ 『稽古場を観劇する』③ ■稽古場の観劇を楽しむ、たった1つのコツ リハーサル⇄対話からなる、〈 稽古場ーハチス企画 〉。 「対話」のシークエンスでは、演出家の蜂巣さんが断片的なイメージ、戯曲に対する解釈、何らかの方針を投げかけて、俳優がそれに対して応答し、ときに脱線、ときに話が膨らみます。 覚えている限りですが、次のような「投げかけ」がありました。 ・「ゼロスタート(真空地帯)での出会い」のようなコミュニケーションをとろう。 ・それを前提にして、ディスコミュニケーションをとろう。 ・桜は他の家族とは切り離された老婆だけの桜であってほしい。それはどこに行っても桜の木が追いかけてくる。 ・普通の戯曲だと何かを考えている「・・・」みたいな間を表す記号はセリフの前についているが、別役の戯曲は逆で、セリフの終わりについている。これはなんだろう? ・何回目かのリハーサルのあとで(蜂巣さん、吹き出し)別役にはこういう要素もある。喜劇。「面白おかしくなっていく」のはやりたい。 こうした「対話」のシークエンスを繰り返しながら〈稽古場〉は進行していきますが、見てるこっちとしては、このシーンは良くなっていっているのか、悪くなっていっているのか、全然わからなくて「ふーむ」となるように思えますが・・・ 〈稽古〉の終わりに、蜂巣さんからこんな話を聞きました。 まろん「今日の稽古は、作品全体の工程を10とすると、何段階目なんですか?」 蜂巣「2段目・・・かな。戯曲があるのは大前提として、俳優はそれぞれ個性を持っているから、それを消さずに、別役に対するみんなの意識の方向をすり合わせる作業をしています。別役

稽古場を観劇する/第二回目10月23日(日)

蜂巣の演出ノート 『稽古場を観劇する』② ■稽古を公開しても「つまらない」と思われるんじゃないか、と思う一つの理由 ハチス企画では、別役実『木に花咲く』を上演します、ので、僕は台本を渡されます。台本は21のシーンに分割されている。 今日の観客は僕ともう一人。〈稽古場〉の出演者は、演出家1人と俳優2人。僕は今月、2回目の稽古場訪問です。 前回、1回目の稽古場訪問では、シーン4の読みあわせをが行われていました。 今回、2回目の稽古場訪問でも、シーン4の読みあわせとリハーサルが行われていました。 おっと。 これで、ほとんど5分に満たないシーンを、もう10回以上見ることになりました・・・そして、もしかしたら次の稽古でもシーン4を更に繰り返し見ることになるのだろうか・・・ なんて考えつつ。 ※ シーン4は主軸となる老婆と、その娘にあたるヨシオの母ーフミエーが桜の木の下で行う対話からなります。 僕が見た〈稽古〉の構成は、とても単純です。 リハーサル→対話→リハーサル→対話→リハーサル・・・つまり、リハーサル⇄対話。 繰り返しです。非常にミニマル。 そう、同じことを繰り返すんです。 しかも、どこに向かっているかわからない手探りの中。 この「終着点のわからなさ」が、稽古場を公開してもつまらないと思われるんじゃないか、と思う理由でしょう。端的に「飽きるでしょ?」ということ。 でも、本当にそうなのでしょうか? 僕はこの繰り返しを、とても不思議な時間だなぁ、と思いながら眺めています。 劇場ではただ1回しか見ることのないシーンを、稽古場では何十通りものバリエーションとして見ることになるのです

稽古場を観劇する/第一回目10月23日(日)

渋革まろんの『稽古場を観劇する』 *10月23日(日)19:00~22:00 *稽古場:アゴラ劇場 5階 『稽古場を観劇する』① ■演劇人なら誰でも知ってる稽古場の不思議 渋革まろんです。普段は〈トマソンの祀り〉という企画のコンセプターとして活動しているのですが、ハチス企画では「エディター(編集)」なる肩書きで関わります。 劇場は作品が上演される場所で、観客は劇場に作品を見に来ます。 ところが、観客が稽古場に作品(以前)を見に来ることは、なかなかありません。・・・アタリマエのようですが。 しかしそれはなかなかに、もったいないこと、のようにも思います。 あまり表に出ることはありませんが、演劇人なら誰でも知っていることがあります。 稽古場で何度も繰り返される試行錯誤を〈見る〉ことは、劇場で作品を見る以上にある意味で面白い体験であることを。 そう考えると・・・ 稽古場では、稽古場独自の〈稽古場〉なる作品が上演されているようにも思えます。 この〈稽古場−ハチス企画より〉と名付け得る作品は、一体どのように展開されているのでしょうか? 僕はたまたま、稽古場の客席に座る権利を持つ〈半分参加者〉のプレミアムチケットを手に入れました(笑)。そうした〈半分参加者〉の視点でもって、訪問した際に稽古場で観察された〈稽古場〉作品について、簡単にレポートしてみたいと思います。 続く・・・。

『木に花咲く』作品に向けて

なんとなく言わねばならぬと思うのですが、作品は一つの生命体だと思います。 生きて暮らしていることと同様の重みが、本当に成功したとき、目の前に到来するのです。 でも、あなた顔がキレイね、とか、髪の毛が好き、耳をナメたいと部分的に言われていても、そこに核心はありません。 人と付き合うみたいに、出会った後、赤の他人と折り合っていくように、好きなところも嫌なところも全部食べきってほしい。 今までわたしは、演劇を作ることはある人の走馬灯を見せ、共有することだと無謀に考えてきました。だからモノローグばかり作ったり、目の覚めるような密度の濃い時間をどれだけ発生させるかこだわり続けてきて。 次は、別役とともにダイアローグの世界に行きたいと思います。 死ぬ間際よりももう少し手前、一時間とちょっとのダイアローグ。 別役の一面はささやき、呟くような、希望の吐息。 もう一面はもっと重たい、いろんな物事に絡め取られ、見動きが出来ないような苦しみの時間。 それぞれの物語が私たちの傍にある現実を目指して織り込まれていきます。 私はこれがとても大切な時間だと思っています。 ぜひとも、見に来てください。

『木に花咲く』公演情報

青年団若手自主企画vol.68 ハチス企画 『木に花咲く』 作:別役実 演出:蜂巣もも 朝倉少年祖母殺害事件から着想を得て書かれた本作。 満開の桜の下に坐る老婆のもとに、入れ代わり立ち代わり家族がやってきます。みんな孫のヨシオの学校生活を心配しています。 骨がナル、肉がタワム、汗が残ル、 老いるということは悪いことなのでしょうか。 ありもしない話をイウ、人のことをヤッカム、酒をノム、 死んだら何が残るのでしょう。 日がとっぷり暮れ、月が出る。……間もなく、洋服ダンスの中から男2と女1が現れる。 青年団内の自主企画として立ち上げられたハチス企画。蜂巣ももの演出は『授業』(作イヨネスコ)から能『弱法師』(作 観世元雅)『不眠普及』(作 綾門優季)『水』(作 カゲヤマ気象台)と、戯曲が要求する極限的な身体性を引き出すことで、圧縮された「生の記憶」と観客が出会う場を演出してきました。 言葉、身体、美術、照明、音響、それぞれ独自に繰り出す複層的なアプローチが〈濃縮された家庭〉の時間を紡ぎ出します。 出演 山本雅幸 串尾一輝(以上、青年団) 小寺悠介 南波圭(以上、無隣館) 植浦菜保子 田中孝史 吉田美貴子(アールグルッペ) スタッフ 舞台監督=伊藤毅(青年団) エディター・宣伝美術=渋革まろん 舞台美術=渡邊織音 美術アドバイザー=鈴木健介(青年団) 照明=吉本有輝子(真昼) 音響=櫻内憧海(お布団) 制作=井上哲、石川彰子(青年団) 総合プロデューサー=平田オリザ 技術協力=大池容子(アゴラ企画) 制作協力=木元太郎(アゴラ企画) 2017年1月16日[

最新記事
アーカイブ
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2016 by Momo Hachisu Wix.com 

received_2609889229127531.jpeg
  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebook Black Round
  • Twitter Black Round