稽古場を観劇する/第二回目10月23日(日)

November 10, 2016

蜂巣の演出ノート 

 

 

 

『稽古場を観劇する』②
■稽古を公開しても「つまらない」と思われるんじゃないか、と思う一つの理由

 

 

ハチス企画では、別役実『木に花咲く』を上演します、ので、僕は台本を渡されます。台本は21のシーンに分割されている。
今日の観客は僕ともう一人。〈稽古場〉の出演者は、演出家1人と俳優2人。僕は今月、2回目の稽古場訪問です。

 

前回、1回目の稽古場訪問では、シーン4の読みあわせをが行われていました。
今回、2回目の稽古場訪問でも、シーン4の読みあわせとリハーサルが行われていました。

おっと。

これで、ほとんど5分に満たないシーンを、もう10回以上見ることになりました・・・そして、もしかしたら次の稽古でもシーン4を更に繰り返し見ることになるのだろうか・・・

なんて考えつつ。

※ シーン4は主軸となる老婆と、その娘にあたるヨシオの母ーフミエーが桜の木の下で行う対話からなります。

 

 

僕が見た〈稽古〉の構成は、とても単純です。


リハーサル→対話→リハーサル→対話→リハーサル・・・つまり、リハーサル⇄対話。

繰り返しです。非常にミニマル。
そう、同じことを繰り返すんです。
しかも、どこに向かっているかわからない手探りの中。

この「終着点のわからなさ」が、稽古場を公開してもつまらないと思われるんじゃないか、と思う理由でしょう。端的に「飽きるでしょ?」ということ。

 

でも、本当にそうなのでしょうか?

僕はこの繰り返しを、とても不思議な時間だなぁ、と思いながら眺めています。
劇場ではただ1回しか見ることのないシーンを、稽古場では何十通りものバリエーションとして見ることになるのですから、自然と、ミニマルな繰り返しの中で「何が生じているんだろう?」とか「何が更新されたんだろう?」みたいな疑問が湧いてきます。

つまり、無感覚ではなく、何かを考えているのです。
それも、〈劇場〉作品を見るよりも、じっくりと時間をかけて。

だから、これは結局、〈稽古場〉作品には〈劇場〉作品とは違った、独自の見方/楽しみ方があるのではないか? ということです。学芸会に独自の見方/楽しみ方があるのと、神楽に独自の見方/楽しみ方があるのと、全く同じように。

 

続く・・・

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Please reload

最新記事

『まさに世界の終わり』公演情報をアップしました!

September 30, 2019

1/5
Please reload

特集記事
ソーシャルメディア
Please reload

タグから検索