稽古場を観劇する/第一回目10月23日(日)

November 7, 2016

 

渋革まろんの『稽古場を観劇する』
*10月23日(日)19:00~22:00
*稽古場:アゴラ劇場 5階


『稽古場を観劇する』①


■演劇人なら誰でも知ってる稽古場の不思議

 

渋革まろんです。普段は〈トマソンの祀り〉という企画のコンセプターとして活動しているのですが、ハチス企画では「エディター(編集)」なる肩書きで関わります。

劇場は作品が上演される場所で、観客は劇場に作品を見に来ます。
ところが、観客が稽古場に作品(以前)を見に来ることは、なかなかありません。・・・アタリマエのようですが。

 

しかしそれはなかなかに、もったいないこと、のようにも思います。

 

あまり表に出ることはありませんが、演劇人なら誰でも知っていることがあります。

稽古場で何度も繰り返される試行錯誤を〈見る〉ことは、劇場で作品を見る以上にある意味で面白い体験であることを。

 

 

そう考えると・・・

稽古場では、稽古場独自の〈稽古場〉なる作品が上演されているようにも思えます。


この〈稽古場−ハチス企画より〉と名付け得る作品は、一体どのように展開されているのでしょうか?

僕はたまたま、稽古場の客席に座る権利を持つ〈半分参加者〉のプレミアムチケットを手に入れました(笑)。そうした〈半分参加者〉の視点でもって、訪問した際に稽古場で観察された〈稽古場〉作品について、簡単にレポートしてみたいと思います。

 

 

続く・・・。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Please reload

最新記事

『まさに世界の終わり』公演情報をアップしました!

September 30, 2019

1/5
Please reload

特集記事
ソーシャルメディア
Please reload

タグから検索