September 30, 2019

2019年11月8日から行う青年団若手自主企画ハチス企画『まさに世界の終わり』の公演情報をアップしました!

こちらから見ることができます↓

『まさに世界の終わり』公演情報

ぜひご覧ください!

August 3, 2019

フェスティバル/トーキョーのディレクターが、毎回ゲストを迎え、活動のプロセスや背景、思考に迫るトークプログラム「ディレクターズ・ラウンジ」に蜂巣ももがゲストで伺います!

他にも、青年団演出部に所属する曽根千智さん、三浦雨林さんと登壇します。

無隣館での経験を経て、それぞれに「演出」という仕事の可能性を丁寧に探りながら、いかなるキャリアを積み始めていのか。戯曲への向き合い方、チームの作り方など、共通の質問を通して、それぞれの考えや実践の様子を紐解きます!

https://www.festival-tokyo.jp/19/2019news/D...

August 3, 2019

フェスティバル/トーキョー19との連携プログラムとして今秋上演予定の青年団若手自主企画vol.79『まさに世界の終わり』。

今日最も重要なフランス劇作家の一人、ジャン=リュック・ラガルス。彼の生を体現するかのようなこの作品に多くの人たちが魅力を感じており、彼が1995年に亡くなった後も世界中で繰り返し上演されています。2016年には戯曲を原作としたグザヴィエ・ドラン監督による映画『たかが世界の終わり』が公開されるなど、その主題は古びることはなく、その影は現代においてより濃さを増しているかのようです。
本作で演出を務める蜂巣ももは、20...

February 19, 2019

先日上演を行った『ハッピーな日々』のダイジェスト映像を公開いたしました。
断片的ですが様子が掴んでいただけるかと思います。

ぜひご覧ください!

『ハッピーな日々』【ダイジェスト】


 

January 31, 2019

アトリエ春風舎で行われた『ハッピーな日々』が終了いたしました。

見に来ていただいたみなさま、誠にありがとうございました。

・公演の記録写真をアップロードしました!

記録写真

・美術製作過程を映像にしました!ぜひご覧ください。

December 29, 2018

上演後アフタートークを開催することが決定しました!

1月19日(土)13:00

ゲスト 山崎健太さん(演劇研究・批評)

山崎さんは早稲田大学でベケットの研究をされていました。 新訳での上演をどのように見られたか、演出の蜂巣とじっくりお話します。

1月20日(日)13:00

ウィニー会

昨年より同作品でウィニーを演じた俳優のお二方を招き、お話します! からだが埋まった中でどんな景色を見ているのか…

---

◯ゲスト

佐山和泉さん(東京デスロック)

清水穂奈美さん(かもめマシーン)

岩井由紀子(ハチス企画ウィニー)

◯司会 蜂巣もも(演出)

ぜひご来場ください!

...

December 8, 2018

来年1月、青年団若手自主企画ハチス企画にて『ハッピーな日々』を上演するにあたって、同じく2月に『しあわせな日々』として上演されるかもめマシーンの萩原さんとトークイベントを実施してみることになりました。

同じ戯曲にも関わらず、それぞれが全く違うスタンスで稽古場、演出を考えています。

10年かけて翻訳されたという翻訳者、長島確さんをお招きしじっくりお話しますので、ぜひご来場ください。


トークイベント

サミュエル・ベケット『Happy Days』を巡って

サミュエル・ベケットの『Happy Days』は、1961年の初演以降、世界中でピーター・ブ...

November 6, 2018

2019年1月アトリエ春風舎にて、青年団内の若手自主企画として公演いたします。

今回扱うのはサミュエル・ベケットの『ハッピーな日々』。

翻訳は今年10月に出版されたばかりの新訳を使用します。ぜひ足をお運びください!

2019年1月18日[金] - 1月27日[日]

青年団若手自主企画vol.77 ハチス企画
ハッピーな日々


作:サミュエル・ベケット 翻訳:長島 確 演出:蜂巣もも


この物語に登場するウィニーは、50歳くらいの女。隣にいるウィリーは60歳くらい。だまし絵のような焼けた荒野のなかで、彼女は一幕目腰まで地面に埋まり、二幕目は首まで...

December 6, 2017

『愛するとき死ぬとき』撮影:takaramahaya(無断転載、利用はご遠慮ください)

どらま館ショーケース参加作品『愛するとき死ぬとき』が終了しました。

12月のお忙しい中見に来ていただいた方々、どらま館運営の方々、スタッフさんに誠に感謝しております。 

上演を通していろんな感想を拝見させていただき、ここで再度言葉にしたいと思うところを設定してみました。

◆一人の人物を四人が演じるというが、同じ人物には見えない

そうだと思います。

容姿も違うため、やはり一緒には見えないのではないでしょうか。

そもそも戯曲の「俺」とはどんな人物か考えてみると、非...

November 26, 2017

前回の投稿に引き続き、上演中出てくる東ドイツの背景についてメモしておきます。

〇東ドイツについて

ドイツが第二次大戦の降伏前(1945年2月)、アメリカ、イギリス、ソ連三首脳のヤルタ会議で戦後のドイツを、フランスを加えた4国で分割管理する基本方針が決定された。のち、8月にポツダム協定が成立し、完全な非ナチ化と民主化がなされるまでドイツの4ヵ国分断占領が確定する。

しかし西側の米英仏占領地域では自由主義経済を基本とする経済復興をめざし、ソ連占領地域では社会主義化をめざす措置がとられたため、東西の違いが問題化する。

1948年6月の西側の通貨革...

Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebook Black Round
  • Twitter Black Round

© 2016 by Momo Hachisu Wix.com