February 2, 2019

★こちら、応募締め切りいたしました

様々な演出家×鳥公園の戯曲の公開稽古・リーディング上演・トーク。

鳥公園のアタマの中に分け入る試み!

今回鳥公園の西尾佳織さんよりお誘いいただき、一日でリーディングの公開稽古+ショーイングに、蜂巣と渡邊が参加いたします。

https://www.bird-park.com/next

展示 / 公演内容  ※タイトルをクリックすると作品詳細が表示されます​

※各回、終演後にポストパフォーマンストークあり

  ▼3月5日(火)  19時開演

  『終わりにする、一人と一人が丘』 »2019年秋に本公演として上演予定...

December 29, 2018

早稲田大学演劇博物館が開館90周年を記念した展覧会『現代日本演劇のダイナミズム』にて、蜂巣もも、またグループ・野原の活動が取り上げられています。

場内には今までの過去チラシや、ダイジェスト映像も公開されています。

お時間ある方はぜひご来場ください!

早稲田大学演劇博物館開館90周年記念 2018年度秋季企画展
現代日本演劇のダイナミズム

https://www.waseda.jp/enpaku/ex/7151/

March 15, 2018

 去年12月に早稲田小劇場どらま館のショーケースで上演を行った『愛するとき死ぬとき』(作 フリッツ・カーター)の記録映像を公開いたします。

映像時間は30分です。ぜひご覧ください。

November 23, 2017

12月1日から早稲田小劇場どらま館で上演の『愛するとき死ぬとき』について、こちらで少し紹介しておきます。

☆あらすじ

この戯曲は3部構成になっています。

Aある青春/合唱 B古い映画/グループ Cある愛/二人の人間

Aは東西ドイツ統一前の東ベルリンにいる16歳から18歳の若者が、サッカー、ディスコ、クラス旅行や、女の子や酒の話などからめてモノローグ(一人語り)する形式です。

読むと空気感と一風変わった形式もわかりやすいので引用してみます。

---

俺はマリオンとアーニャにはさまれて交通が遮断されたシュトラウスベルク広場に立っていたチャイカとタトラ...

October 27, 2017

ドイツ現代戯曲選30に収録された『愛するとき死ぬとき』という戯曲の内、初めの第一章目Aある青春/合唱のみの上演を早稲田小劇場どらま館にて行います。

東西ドイツにまだ壁があった頃のある若い男性のエピソードが日記のように、あるいは子守り歌のように綴られた本作。文体は句読点は一切なくセックスと暴力/喧嘩で彩られ、漠然とした枯渇をテーマにしたこの戯曲を4人の俳優を通して上演します。

『愛するとき死ぬとき』より、Aある青春/合唱

作:フリッツ・カーター

翻訳:浅井晶子

演出:蜂巣もも(グループ・野原/青年団演出部)

出演:小田原直也、串尾一輝(青年団)、...

Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebook Black Round
  • Twitter Black Round

© 2016 by Momo Hachisu Wix.com