グループ・野原

演劇を肥やす、耕す。
ジル・クレマンというフランスの庭師がいる。
彼は道端で出会った、野生という名の思いがけない庭に感動する。
ある手がかり、たとえば特徴的な花や鮮やかな色彩のために、周りの風景とは違ったものになっている。
こうした庭を、犬や蠅みたいに違った角度から眺めてみることで日常との《ずれ》を調べていく。
演劇の上演もそのように野生を生かすことは出来ないだろうか。
戯曲が生まれたときに必要とされた空気感としか言えないようなもの、生活背景、価値観が、現代に接合するとき、観客また俳優の中に何が強く残るのか。
そしてどのような育ち方をしていくのか。
私たちはつぶさに追いかけることで、観客と新しい時間を探る。
グループ・野原
岩井由紀子
​串尾一輝
蜂​巣もも
渡邊織音

どらま館ショーケース『愛するとき死ぬとき』記録

December 6, 2017

『愛するとき死ぬとき』東ドイツについて

November 26, 2017

前回の投稿に引き続き、上演中出てくる東ドイツの背景についてメモしておきます。

〇東ドイツについて

ドイツが第二次大戦の降伏前(1945年2月)、アメリカ、イギリス、ソ連三首脳のヤルタ会議で戦後のドイツを、フランスを加えた4国で分割管理する基本方針が決定された。のち、8月にポツダム協定が成立し、完全な非ナ...

1/3
Please reload

​過去作品

​冒した者

2018/07/23

HYDRA

インクルージョン

2018/05/25 - 05/28

SANTORINI

愛するとき死ぬとき

01/19 - 01/23

MYKONOS

  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebook Black Round
  • Twitter Black Round

© 2016 by Momo Hachisu Wix.com